開発合宿(エンジニア合宿)とは? 実施のメリットや場所選びのポイント | 【公式】L stay & grow 晴海

研修・団体様
専用受付

050-1861-5428

平日 9:00〜19:00(土日祝・夜間 03-3533-7111)

すでに予約/仮予約されているお客様03-3532-6030

2222.10.07|研修・会議お役立ち情報
開発合宿(エンジニア合宿)とは? 実施のメリットや場所選びのポイント

IT開発などの企業では「開発合宿(エンジニア合宿)」を開催するケースも増えています。普段とは違う環境に身を置きながら仲間と過ごす開発研修には、さまざまなメリットがあります。

 

ここでは、開発合宿のメリットを解説。さらに、開発合宿を行う“場所選びのポイント”についてもご紹介します。「開発合宿って?」という方はもちろん、実際に開催を検討している方も、ぜひご参考にお読みください。

 

研修特化型ホテル L stay&grow晴海『勉強合宿プラン』▶詳しくはこちら

開発合宿(エンジニア合宿)のメリットとは?

開発合宿は「エンジニア合宿」とも呼ばれており、企業や部署、チーム単位でIT開発などを行う合宿です。

開発合宿を開催するメリットは、以下の5つです。

・普段ではできない短期集中プロジェクトを行える
・チームワークの強化につながる
・環境を変えてリフレッシュできる
・部署や立場を超えた人脈づくりができる
・生活習慣の見直しにつながる

普段ではできない短期集中プロジェクトを行える

開発合宿に多いのが、普段の業務ではできない“短期集中プロジェクト”を行うという目的です。

日常の業務の中では、エンジニアとして新規開発のみに携わる場合も多いものです。
開発合宿で普段と切り離された環境に身を置くことで、効率よく集中してプロジェクトに取り組めます。

チームワークの強化につながる

開発合宿においては、「チームワークの強化」に重点を置いて開催されるケースも多々あります。
宿泊しながら寝食を共にすることでお互いの交流機会が増え、結果的にチームワークの強化へとつながるのです。
確固としたチームワークが築ければ、開発合宿が終わったあとにも役立つでしょう。

環境を変えてリフレッシュできる

開発合宿には、環境を変えてリフレッシュするという目的もあります。
日常の業務に追われて忙しく過ごしているエンジニアでも、会社から離れた場所へ身を置けばよいリフレッシュになります。自然豊かな場所や、都会の喧騒から離れた場所であればその効果もより高くなるでしょう。
「ワーケーション」感覚で過ごすことができれば、日頃の疲れも次第に癒されていきます。

部署や立場を超えた人脈づくりができる

さまざまな部署や立場の人が集まる開発合宿では、現在のポジションを超えた人脈を獲得することができます。
人脈が広がることで有益な情報・スキルが身に付きやすいですし、合宿終了後の仕事の協働、創生も実現するでしょう。

生活習慣の見直しにつながる

エンジニアの中には、遅くまで残業をしたり、生活が不規則になったりといったケースも多いものです。そのような場合に開発合宿で強制的に規則正しい生活を送ると、ワーク・ライフ・バランスの見直しにもつながります。

開発合宿では場所選びが重要! 押さえておくべきポイントは?

開発合宿の目的を達成し、かつ満足度を高めるには、場所選びが重要になります。

【場所選びのポイント】
・閑静な立地にあり、落ち着いて合宿できるか
・アクセスがしやすいか
・会議室の利用時間が長いか
・清潔でくつろぎやすい客室か
・食事の手配、移動がラクか
・パブリックスペースの使い勝手がいいか

それぞれくわしく見ていきましょう。

閑静な立地にあり、落ち着いて合宿できるか

開発合宿の場所探しでまず意識したいのが、「落ち着いて過ごせる環境か」という点です。

開発をしつつ過ごすため、合宿中は集中して作業できる場所を確保しなくてはなりません。
仮に周囲が繁華街などさわがしい場所であった場合、騒音などで落ち着かず、合宿のメリットである「リフレッシュ」もできません。

都会の喧騒を感じず、ゆったりと過ごせる静かな立地の施設を選びましょう。

開発合宿を実施する折には、騒がしいエリアから離れた、閑静な立地にある施設を選びましょう。

アクセスがしやすいか

開発合宿ではリフレッシュ目的で山間や海の近くの宿泊施設を選ぶケースも多いでしょう。

とはいえ、実際には「アクセスの良さ」も重要です。

主要ターミナル駅からアクセスしやすい場所にある施設を選べば、参加者の移動負担も減らせるほか、「途中から参加したい」というメンバーも合流しやすくなります。

会議室の利用時間が長いか

開発合宿を行うにあたって、会議室の利用時間も重要なポイントです。

開発合宿の内容によっては、夜間に打ち合わせや作業をする場合もあるでしょう。
しかし会議室によっては、夕方や夜19時ごろまでしか使えないというケースもあるのです。
夜間も利用できる会議室であれば、どのような開発合宿にも対応しやすく、満足度も高くなります。

また、夜間の会議室利用を想定している場合は「会議室付きの研修特化型ホテル」を利用するとより便利です。

会議室とホテルが一体であれば、夜間の会議や作業、ミーティングのあとも同じ建物内での移動で済むため、参加者の負担も減ります。

清潔でくつろぎやすい客室か

開発合宿では、宿泊する客室のクオリティも重視したいところです。いくらロケーションのよい場所であっても、客室が狭かったり、清潔感がなかったりすると快適に過ごせません。

客室は参加者が開発中にリラックスする場でもあります。
快適な開発合宿のためにも、客室には妥協せずこだわりましょう。

食事の手配、移動がラクか

合宿中の食事を外注する作業は、思いのほか手間も労力もかかります。
仮に宿泊施設で十分な食事の手配ができないような場合、外へ食べに行ったり、コンビニで買ったりといった手段で食事を調達しなくてはなりません。

開発合宿では、3食を提供してくれる宿泊施設を選ぶと、開催側・参加者両方の負担減につながります。
アレルギー食への対応をしてくれる施設なら、より安心です。

また夜間の作業を行う場合は、夜食の手配ができる施設を選ぶといいでしょう。

パブリックスペースの使い勝手がいいか

開発合宿ではロビー、ラウンジなどのパブリックスペースに集まる機会も多いものです。
パブリックスペースが快適であれば、雑談の機会が増え、参加メンバーの交流も深まりやすくなります。

パブリックスペースが広く、機能性に優れている施設を選ぶと快適に過ごせるでしょう。

開発合宿ならL stay & grow 晴海へご相談ください

開発合宿の目的を達成するには、目的の共有や進捗報告を行い、かつ最後に成果発表の時間を設ける時間を盛り込む必要があります。また環境面としては、参加者が落ち着いて過ごせる場所を選ぶことも重要でしょう。

「L stay & grow 晴海」は、都心唯一の“研修特化型ホテル”です。
会議室、ホテル、レストランが三位一体になった施設であり、開発合宿にも便利にご活用いただけます。

【POINT①】会議室は24時間ご利用OK!
ご利用いただける会議室は大小合わせて全27会場あり、24時間ご利用可能です。一般的な会議室は夜中の会議室利用ができないケースも多いですが、L stay & grow 晴海であればお時間を気にせずご利用いただけます。
作業で小腹がすいた時にはお夜食もご用意しております。

【POINT②】都心ながらも閑静な環境で開発に集中できる立地
L stay & grow 晴海はアクセス良好な東京都中央区・晴海エリアにあります。都心ながらもオフサイト感があり、閑静ない環境です。環境で集中して作業やミーティングを行いやすく、開発合宿にも最適だといえます。

「開発合宿でプロジェクトの作業を効率よく進めたい」
「開発合宿によりリフレッシュも兼ねてチームの連携力を高めたい」

このような企業様は、ぜひL stay & grow 晴海をご活用ください。
研修・合宿専任のコンシェルジュが、開催成功に向け親身になってサポートをいたします。

研修特化型ホテル L stay&grow晴海『勉強合宿プラン』▶詳しくはこちら

このページの先頭へ