サンクスカードを活用して社内コミュニケーションを図ろうサンクスカードを活用して社内コミュニケーションを図ろう

はじめにはじめに

社内の雰囲気がギスギスしていると、コミュニケーションを円滑に取ることができません。すると、「業務に関する提案がしづらい」「質問できないからわからないまま仕事を進めてしまう」といった問題が起こりやすくなります。いくら優秀な社員が揃っていたとしても、これでは仕事がうまく回りません。

こうした事態を防ぐためのひとつの方法が、「感謝の気持ちを持って、相手にそれを伝える」ということです。誰かに感謝されることを不快に思う人はあまりいないでしょう。「感謝」という前向きな思いを相手に伝えること、また、そういった行為が社内に広がることで、社内の雰囲気を良くする効果が期待できます。

社内の感謝を形にする「サンクスカード」社内の感謝を形にする「サンクスカード」

社員同士の感謝を形にする方法のひとつに、「サンクスカード」があります。これは、小さなカードに「〇〇をしてくれてありがとう」などと書いて相手に渡すというものです。

カードは任意のものでも決まったものでも良いですが、サンクスカード制を導入している企業の多くは、専用のカードや用紙を作って、名前や感謝する内容を記入するだけで良いようにしています。

また、一日に書くカードの枚数を決め、カードをもらった枚数を集計して、サンクスカードがたくさん贈られた人を表彰するといった取り組みをしている会社もあります。これには、サンクスカードを形だけのものにせず、実際に社内で活発にやりとりされるツールにするという効果があります。

サンクスカードには、「つい言いそびれてしまったお礼をきちんと伝える」「感謝の気持ちがその場限りではなく形に残る」といったメリットがあり、社員のコミュニケーションやモチベーションアップに役立ちます。

サンクスカードの注意点サンクスカードの注意点

意識的に会社から離れた場所(オフサイト)で、会議(ミーティング)を行う、オフサイトミーティング。会社の会議室から出て、非日常の空間で会議を開催することで得られるメリットは、いつもと違った思考回路や自由な発想が出やすくなることから、特に新規事業の企画会議やブレーンストーミング的な会議など、新たな発想が求められるときにおすすめです。

なかには、電車や車での移動が必要なほど自社から離れた遠い会場でオフサイトミーティングをする会社もあります。距離感の大きさは、非日常の度合いに比例するからでしょう。わざわざ海外にまで行って会議をする会社もあるほど、その効果は計り知れません。

社員の負担にならない方法で社員の負担にならない方法で

メリットの大きいサンクスカードですが、利用する際には注意点についても知っておく必要があります。

サンクスカードの記入を義務化すると、カードのやりとり自体は活発化しますが、「電話を取り次いでくれてありがとう」「コピーを取ってくれてありがとう」といったように、当たり前の業務に関してどんどん渡すようになってしまいかねません。すると、カードのやりとりが形骸化してしまい、本当の感謝の気持ちが見えなくなってしまいます。

また、「仕事で時間がないのに、カードを書かなければいけない。面倒だが、殴り書きでもとりあえず渡す」という事態も起こり得ます。これも、せっかくのカードの意味がありません。サンクスカードは、きちんと気持ちを乗せて書くことが大切なのです。

社員の負担にならない方法で社員の負担にならない方法で

「サンクスカード」と言っても、手書きのカードではなく、電子版のグリーティングカードとして送れるという仕組みを導入している会社もあります。手書きのカードを書くのが社員にとって負担になる場合は、電子化を検討してみるとよいでしょう。

また、サンクスカードを「一部の人だけがやっていること」にしてしまわず、社内全体で取り組む業務の一環にできるような工夫をすることも大切です。サンクスカードのデザインを社内公募制にする、またデザインを自由に選べるようにすると、選ぶ楽しさが加わって、「送る方ももらう方も嬉しい」カードにすることができます。
その他、サンクスカードの枚数だけを表彰するのではなく、「今月一番嬉しかったサンクスカード」を発表するほか、サンクスカードを送った人への返信が気軽にできるシステムを整えることでも、送る側のモチベーションを上げることができます。

サンクスカードは、様々な運用ができるツールです。直接渡すのが気まずいという社員が多ければ、ポスト投函できる形にしても良いでしょう。人に見られたくなければ、その人ごとのポストを作るという方法もあります。自社に適した形でサンクスカードを運用し、社内の活性化やコミュニケーション強化に利用してみてはいかがでしょうか。

  • 事例紹介 CASE STUDY事例紹介 CASE STUDY
  • 実例紹介 CASE SCENE実例紹介 CASE SCENE
  • コラム COLUMNコラム COLUMN

ご相談・空き状況のお問合せ

具体的な内容がお決まりでない場合も
お気軽にお問合せ下さい

お客様専用ダイヤル:03-3532-6030お客様専用ダイヤル:03-3532-6030

お問合せ・ご相談はコチラ

  • ホテルフクラシア大阪ベイ
    宿泊研修施設、研修センターを大阪でお探しの方へ。
    ホテルフクラシア大阪ベイ(旧ホテルコスモスクエア国際交流センター)

  • 貸し会議室を東京・品川・浜松町でお探しなら
    フクラシアへ

  • ケータリングを関東・東京でお考えなら会場から企画
    運営のマックスパートへ

研修センター・研修施設・会議室のことなら宿泊研修施設・貸し会議室ネット

宿泊研修施設・貸し会議室ネット宿泊研修施設・貸し会議室ネット

【運営会社】 株式会社マックスパートホテルフクラシア晴海 (旧称 晴海グランドホテル)
〒104-0053 東京都中央区晴海3-8-1 TEL 03-3533-7111 FAX 03-3532-5315

Copyright(C)2015 Maxpart Corporation. All Rights Reserved